食道裂孔ヘルニアの原因

原因として考えられることとは?

人間の体は胸部と腹部の間に横隔膜という筋肉出てきた膜があります。
この横隔膜には食道、大動脈、大静脈のが通っており、食道が通っている穴を食道裂孔と言います。

 

この食道裂孔は胃と繋がっており、食道裂孔ヘルニアとは、この食道裂孔から胃の一部が胸部に入り込んでしまった状態の事を言います。
食道裂孔ヘルニアには、食道と胃の境目の噴門部分が飛び出しているタイプと、胃の一部が飛び出しているタイプと、この二つが同時に起きている場合があります。

 

食道裂孔ヘルニアが起こる主な原因は加齢によって食道裂孔が緩む事で起こりやすくなります。
また、生まれつき食道裂孔が緩くヘルニアになってしまう場合もあります。

 

さらに腹圧が上がる事でも食道裂孔ヘルニアを引き起こす原因となってしまいます。
腹圧が上がる原因には、肥満、喘息、慢性気管支炎などが考えられます。

 

肥満や喘息、慢性気管支炎など腹圧が高い状態になりやすい方は、これらの治療を行う事が重要です。
特に肥満は食道裂孔ヘルニアだけでなく、あらゆる病院の原因となるうる要因です。
症状が悪化しないように、肥満を解消する努力をしましょう。

 

腹圧を上昇させる原因は、この他にもお腹を締めつける服装や、猫背、姿勢が悪い、食べたらすぐ横になる事でも起こります。
お腹になるべく圧をかけないような服装や生活を心がけましょう。

 

食道裂孔ヘルニアの症状は逆流性食道炎です。
つまり、逆流性食道炎の症状がない場合は治療する必要はないのです。

 

大切なのは症状が出たら早めに治療をする事です。
食道裂孔ヘルニアで逆流性食道炎になってもほとんどが内服薬で治療する事が出来ます。

 

しかし、重症化してしまうとヘルニアを治す手術をする必要が出て来てしまうのです。
悪化させない為にも早めの治療と腹圧をかけない生活に気を付けましょう。

食道裂孔ヘルニアを引き起こす原因関連ページ


食道裂孔ヘルニアを引き起こす原因

なぜ食道裂孔ヘルニアを引き起こすのか、その原因についてご紹介しています。