食道裂孔ヘルニアの予防

予防する為の押さえておきたいポイント

食道裂孔ヘルニアとは、胃の一部が胸部の方に入り込んでしまったいる状態の事を言います。
食道裂孔ヘルニア自体治療対象とはなりませんが、これが原因で逆流性食道炎を起こす為症状が現われると薬などを服用して治療します。

 

食道裂孔ヘルニア予防するにはまず原因を知る事です。
食道裂孔が何らかの原因で緩ことでヘルニアになってしまいます。

 

生まれつき食道裂孔が緩い方もいますが、多いのは加齢による衰えです。
さらに、前かがみの姿勢になる方も食道裂孔が緩みやすくなります。
生まれつきや加齢の場合は予防しようがありませんが、背中を曲げたり前かがみで常にいると症状を引き起こしやすくなる為改善しましょう。

 

また、お腹の圧が高いと食道裂孔ヘルニアを起こす原因にもなります。
腹圧を上昇させる原因には喘息や慢性気管支炎などが考えられます。
予防するにはこれらに疾患をしっかりと治療する事です。

 

さらに肥満でもお腹の圧が高くなってしまいヘルニアの原因となります。
日ごろからバランスの良い食生活、適度な運動を心がけて肥満を解消する事が食道裂孔ヘルニアの予防に繋がります。

 

食べてすぐ横になったり、お腹をきつく締め付ける服装も腹圧を上げる原因となる為良くありません。
日ごろからこれらを意識して気を付ける事で予防する事が期待されます。

 

また、食道裂孔ヘルニアになると胃酸が逆流しやすい状態の為逆流性食道炎を起こしやすくなります。
逆流性食道炎を予防する為には、胃酸の分泌を活発にさせないように、食べ過ぎ飲みすぎに注意します。

 

脂っこい物や甘いもの、刺激のつよいもの、酸っぱい物もなるべく控えるようにすると胃酸の逆流を予防する事が出来ます。
しかし、逆流性食道炎の症状が現われたら我慢せずに早めに治療するのが一番です。
初期の段階なら内服薬で治療する事が出ますが、悪化するとヘルニアを治療する手術が必要になって来ます。

 

食道裂孔ヘルニアは中高齢に女性に多く見られ、40%以上の方がすでにヘルニアを起こしていると言われています。
症状が現われなければ治療する必要がない為、予防方法を意識して悪化させないようにしましょう。

食道裂孔ヘルニアを予防する方法関連ページ


食道裂孔ヘルニアを予防する方法

食道裂孔ヘルニアを予防する為にはどうすればよいのかについてご紹介しています。