食道裂孔ヘルニアと整体

整体による働きや効果について

食道裂孔ヘルニアは食道裂孔が様々な原因で緩んでしまい、胸部の方にはみ出てしまう状態の事も言います。
生まれつき食道裂孔が緩い先天性の物もありますが、殆どの場合加齢や肥満など後天性の物が原因で起こります。

 

食道裂孔ヘルニアになっても症状が現われなければ治療する必要がありません。
主な症状は逆流性食道炎です。
ヘルニアになると食道と胃の逆流を防止する機能が低下するので、胃酸が逆流しやすく逆流性食道炎の症状が現われます。
逆流性食道炎の症状が現われる事で、食道裂孔ヘルニアが見つかる場合が殆どなのです。

 

胃酸を逆流しないようにするには、毎日何気なくしている姿勢にも気を付ける必要があります。
お腹に圧がかかると胃酸は逆流しやすいため、猫背や前かがみで常に歩く癖が付いている人は症状が酷くなる傾向があります。

 

姿勢を矯正する為には整体が効果があるかと思います。
整体自体で食道裂孔ヘルニアが治療出来る訳ではありませんが、症状を悪化させないようにすることは出来るのです。

 

また、逆流性食道炎の治療を目的とした整体を行っている病院もあるようです。

 

緩んでしまった食道裂孔の締りを良くする為に、頸椎第3と第4を手技で矯正して行きます。
さらに、緩んでしまった数か所ある横隔膜裂孔も締りを良くする為に、整体や指圧などで矯正します。

 

胸椎のズレと胃と胸部のズレを矯正する整体で症状を改善する事が期待されます。

 

薬物治療では一時的な治療に過ぎず、根本的な治療にはなりません。
場合によっては薬を一生飲み続け無ければいけない人も居ます。

 

整体は体のズレを矯正する事で、食道裂孔ヘルニアに効果のあるツボを刺激しながら症状を根本的に治療する事が期待出来ます。
また、逆流性食道炎の原因である猫背も整体で矯正する事によって、症状を緩和する事が期待できると言います。

 

食道裂孔ヘルニアが原因で逆流性食道炎の症状が悪化してしまうと、ヘルニアを治す手術が必要になってしまいます。
そうならない為にも、薬物療法や食事療法で治療を進めますが、整体も体に優しくリスクのない治療で症状改善に期待出来ます。

食道裂孔ヘルニアを改善する整体治療関連ページ


食道裂孔ヘルニアを改善する整体治療

食道裂孔ヘルニア改善への整体の有効性などについてご紹介しています。